節税対策 税理士 神戸 尼崎 西宮 芦屋

  • 節税パッケージとは
  • 節税パッケージの5つの特徴
  • 節税度チェック
  • 節税できた人の声
  • 節税パッケージを作ったのは

節税 税理士

ごあいさつ

a

1時間にこだわり続けて……

「節税なんて考える暇があったら、儲かることを考えろ!」

私が尊敬する、ある経営者の方のお言葉です。おっしゃるとおりだと思います。節税に時間をかける暇があったら、お客様にどうすればもっと喜んでいただけるかを考える方が、より実りあることにつながるでしょう。

だからこそ、とことん「時間」という限られた資源にこだわりました。

たった1時間だけでいいので、私に時間を下さい。この1時間が、節税という形を通して、やがて少しずつあなたの手許にお金を残していきます。節税は知っておしまいではありません。実践してこそ、意味をなすものです。

ぜひ貴重な1時間を使って、節税してみて下さい。

公認会計士・税理士 松井 浩一

節税 神戸

プロフィール

松井 浩一(まつい こういち) 1964年、兵庫県生まれ。公認会計士、税理士。

神戸大学工学部卒業後、3年で独立することを前提に設計事務所に入所するが、この世界での独立の実態を知り、3年を待たずに方向転換する。その際、経営には計数能力が必要と考え、公認会計士にチャレンジ。合格後、当時、世界一アグレッシブなアカウンティング・ファームと言われていたアーサー・アンダーセンに入社。

入社5年目に生まれた長女が、重度の障害を持っていることが判明し、多くの涙と共に自分の力だけではどうすることもできない世界があることを知る。同時に、自分がいかに恵まれた環境にいるかを実感し、自分の使命について考えるようになる。有能な秘書や部下に囲まれ、大きな不満はなかったが、10年という一つの節目を迎え、「社長と会社を元気にする」という使命を全うするため、2002年、全くのゼロから独立。

独立1年目から年間の自己投資額を500万円に設定し、とにかくクライアントの業績アップの方法を模索、 実践し続ける。2004年、市販の節税の本が、どれも読み解くのに時間がかかることを不満に思い、より短時間で、自社に必要な節税方法を知るしくみを考え、マニュアル化する。

クライアントに配布したところ好評だったので、『社長と会社を元気にする最強節税セミナー』として販売する。

販売は好調だったものの、その後の追跡調査で、実はほとんど節税ができていないことが判明し、2007年に絶対挫折しない節税パッケージを開発する。3ヶ月だけインターネットで販売したが、個別にカスタマイズする必要があり、非常に手間がかかるため、顧問先以外、販売を中止する。

独立後、12年目に突入したことを記念して、2013年6月27日より節税パッケージの販売を再開する。

会計事務所のHPは、こちら ⇒  税理士 神戸

節税 神戸

特定商取引法に基づく表示

運営統括責任者 松井浩一

節税パッケージのお申し込みはこちらから